Careers at YOJO Engineering Team
Careers at YOJO Engineering Team

目次


  1. Mission: 患者満足度世界一の医療機関を創る
  1. Value: 歴史を拓く・智を創発する・九転十起を貫く・仁を尽くす
  1. Service
  1. Engineering
  1. Engineer Culture
  1. Open Positions
  1. 選考情報
  1. Blogs
  1. More info
  1. 最後に
 

1. Mission 患者満足度世界一の医療機関を創る


YOJOは、患者にとって最高の医療は何かを問い続け、徹底的に悩みに寄り添います。
その上でゼロから理想の医療を再設計し、新たな医療体験を創造していきます。
我々は、患者の健康にコミットすることで、どんな些細なことでも真っ先に相談されるかかりつけオンライン薬局を(まずは)目指しています。
 
YOJOではMission・Valueに紐づく行動指針というの策定しており、Missionに紐づく行動指針は下記のようになっています。

患者満足度世界一の医療機関を創る

  • 各ステークホルダーで利益相反があった場合、患者>従業員>社会>株主の順番に意思決定する
  • 相手の期待を超え続ける(+αなWOW体験)
  • 医療の質に一切の妥協をせず、最高水準の倫理観のもと行動する
 
 

2. Value


YOJOには4つのvalue(価値観)があり、それぞれに行動指針が紐付いています。

歴史を拓く

  • 短期的な利益よりも長期的なインパクトを優先する
  • 大きな成功を収めるために不確実な挑戦をする
  • 既存の枠組みに捉われずに「ゼロベース」「AND思考」で最善の方法を導き出す

九転十起を貫く

  • 打席に立つ回数を重視する
  • 失敗の原因を分析して次に活かす
  • 転んでいる仲間に手を差し伸べる

智を創発する

  • 自分の専門領域だけでなく幅広いインプットをする
  • 意見の相違を健全にぶつけ合える
  • 自らの知見や経験を社内外に発信する

仁を尽くす

  • 相手の立場になって考える
  • 嫌われるのを恐れずハッキリと相手のためにフィードバックを伝える
  • 自分の非を素直に認める
 

3. Service


現在は、生理痛や不妊・更年期など不定愁訴に悩む女性を中心に、LINEでいつでもどこでも簡単に薬剤師に相談ができ、体質に合わせた市販薬や健康食品をお届けする「YOJO」というサービスを展開しています。
 
LINEBot、顧客の健康管理のためのwebアプリケーション、弊社医療チーム(CSチーム)が顧客と対話するための管理画面などを開発するプロジェクト等が複数同時に走っています。
 
 
ユーザーにYOJOのLINEを登録していただくLPです。 マーケティングの専門家にも驚かれるほど登録率が高いです。
notion image
まず、悩んでいる症状を選択して頂き、症状に合わせた20問ほどの問診にYESかNOかで回答頂きます。その後、薬剤師にチャットで相談することもできます。医薬品が決まれば、四谷にある薬局にて分包を行い、30日分の医薬品を自宅に届けるサービスです。
 
notion image
私たちのサービスは、医薬品を購入して終わりではなく、アフターフォローに力を入れていることが大きな特徴です。
notion image
現在、我々のサービスは、生理痛、不妊、冷え性、更年期障害などの不定愁訴に悩まれる女性を中心にご利用頂いています。
 
 

現在はサービス登録者10万人弱となり、サービス拡大中です。

 
YOJOは、これまでセルフメディケーション領域であるOTC医薬品(市販薬)を販売するサービスをメインにおこなっていました。
ですが、今後は、オンライン服薬指導も行っていくことで、医療・治療領域にサービスを拡大していきます。
 
YOJOは、ユーザーの健康課題だけではなく、医療者の働き方改革にも力を入れております。
YOJOの医療CSチームは、多くのメンバーがリモートで勤務しており、「リモート医療チーム」としては、日本でも最大であると自負しています。
 
上記のように、弊社エンジニアチームは、CSチームとの協働でユーザーの健康課題にコミットしており、チームに薬剤師エンジニアが複数名所属しているという特徴があります。
 
今年度は、アプリケーションのAI化に力をいれており、機械学習による顧客体験の最適化、CSチームの生産性の向上目指しており、機械学習とアプリケーションをつなぎこむためのプロジェクトも進行中です。
 

4. Engineering


技術スタック


詳細は『YOJOを支える技術を全部公開します!』という記事もご覧ください。

構成図

notion image
notion image
notion image
notion image
notion image
 
 

アプリケーション

notion image
 
Ruby on Rails / Python / SQL
React (Next.js) / Vue.js (Nuxt.js) / Node.js / TypeScript / GraphQL

インフラ

notion image
 
GAE / GCE / Cloud Run / Cloud Functions / Cloud Pub/Sub
BigQuery / Fluentd / embulk / Digdag
Heroku / Firebase / Redis

BI

notion image
re:dash / Google Data Poral
 

参考記事

 
 

開発体制・文化


メンバー構成

現在のチーム構成は以下の通りです。(2021年6月時点)
  • 社員3人(役員含む)
  • フルタイム業務委託3人(うち1名は来月入社予定)
  • ハーフタイム業務委託3人
  • インターン学生2人
  • 技術顧問1人(Rubyコミッター)
 

開発体制

YOJOでは、全エンジニアが「フルサイクル」になることを標榜しており、企画・要件定義〜運用までのプロダクト・ライフサイクルをすべてのエンジニアが担当します。
インターン生であっても、顧客インサイトの抽出・他部門からの要望のヒアリングを通じて、要件定義・設計を行っています。
(YOJOが目指すフルサイクルエンジニアについては、こちらの解説記事もご覧ください!『YOJOが目指すフルサイクルエンジニアとは』
 
2020年度から主にリモート体制での活動を行っています。
集中的に議論する機会を設けるため、定期的に合宿を行っています(リモート参加も可能)
 

チーム活動

チームで行っている定期活動には以下のようなものがあります。
  • 週一技術顧問への相談会 Rubyコミッターである技術顧問に相談を行っています。
  • 週一リーダー会議 各事業プロジェクトの開発リーダーが集まって、進捗やアサインの相談を行います。
  • 隔週KPT 隔週でエンジニアチーム全体でKPTを行います。
  • 週一開発改善MTG すぐにインパクトが出るわけではないが、改善したいことをあげて、1〜2時間で集中的に調査・解決を行います。
  • 週一事業戦略共有MTG 週一朝会で全社の事業戦略を共有したり議論したりしています
 
 

全社におけるエンジニアリングチームの建て付け


notion image
全社としては、いわゆるマトリクス組織という建て付けをとっています。(詳しくは、『YOJOは全社的にマトリクス型組織に移行します!』
エンジニアでいえば、全員がプロジェクトに参加するだけではなく、機能軸(縦軸)としてもエンジニアチーム(便宜上、図では、開発=webエンジニアとBIが分かれてますが、あくまでワンチームです!)に属しています。
機能軸の部門の長が全体のバランスを考えて、PdMや事業部(ややこしいことに人の被りが多いですが 笑)と意見を交わしながら、各プロジェクトへのメンバーのアサインを決めます。
 
YOJOでは、各職種のメンバーが増えてきたこともあり、各機能軸の部門内での連携や教育をしやすくするためにこのような組織形態に移行しました。
 
 
notion image
notion image
notion image
 

2021年度目標 「エンジニアリングで経営をドライブする」

 
YOJOでは、事業目標とは別に機能軸部門(エンジニアチーム、マーケティングチーム等)ごとの目標を置いています。
これまでは、事業に引っ張られる形でエンジニアリングを行ってきました。
ですが、これからは、エンジニアリング主導の企画提案・認知度向上・効率化・UX向上などで事業を引っ張って行くことを目指しています。
その結果、エンジニアリングの力でYOJO独自のポジショニングを築いていけると信じています。
それが、YOJOエンジニアリングチームの目指す「エンジニアリングで経営をドライブする」という形です。
 
下記のような5つの目標を置いています。
  1. 認知度の向上:toC医療サービスで独自の価値を築いているエンジニアリング組織として医療に興味があるほとんどのエンジニアに認知されている
  1. 社内リレーションの強化:患者視点・CS視点・プロジェクトマネジメント力の強いエンジニアリング組織として信頼される
  1. 技術力×事業力の向上:これはYOJOしかやってない×これがあるからYOJOはだけが勝てるといえる「技術」を持つ
  1. 品質保証×プロジェクトマネジメントの向上:高い品質のサービスを納期までに透明性高くデリバリーする
  1. 組織文化×開発スタイルの改善・確立:全員がフルサイクルエンジニアになる仕組みを作り、企画〜運用まで責任を持てるチームになる
 
下記記事には、どういうことをやるのかもかなり具体的に書いているので、ご参考にしていただければと思います!
 

5. Engineer Culture


YOJOのエンジニアっぽい人
  • YOJOのミッション・バリューに共感していただける人
  • 患者ファーストでサービスを作りたいと思える人
  • 他の職種と協働して、サービスを創っていくことにやりがいを感じる人
  • 医療界を変革する、業界にインパクトを与えるサービスを作りたいと思える人
  • ビジネスやお金の流れに関心があり、エンジニアリングにおいても投資判断を行える人
  • 急成長するスタートアップで開発組織・文化を作りたい人
 
YOJOのエンジニアっぽくない人
  • 患者ファーストに考えられない人
  • 職種間を超えて、積極的にコミュニケーションを取りたくない人
  • 自分のキャリアだけを優先する人
  • 開発「チーム」を強くすることに興味がない人
  • 特定の技術領域のスペシャリストを目指す人
  • 技術だけを極めればよく、ビジネス価値には興味がないという人
 

6. Open Positions


 
開発体制にも記載いたしましたが、基本的には、企画・要件定義〜運用までのすべてに関わっていただくので、エンジニアチーム(ワン・チームしかありません)にご所属いただくことになります。
軽くお話を聴きたいというのでも十分ですので、まずはお気軽にご連絡ください。
上野加藤のTwitterに直接ご連絡いただいても大丈夫です!

7. 選考情報


選考にかかる時間は平均で2〜3週間程度(必要があれば、副業・業務委託でプラス1〜2ヶ月)ですが、候補者様のご都合にあわせて柔軟に対応いたします。 ご不安な点がある場合には責任者の上野までご連絡ください。
 

面談FAQ

 

8. Blogs


メンバーインタビュー

 

9. More Info


登壇記事


 

プレスリリース・インタビュー記事


 

イベント


 

メンバーTwitter


 

インスタグラム


notion image
notion image
 

10. 最後に


ここまでお読みいただき誠にありがとうございます!! YOJOのエンジニアチームは、ユーザー数の急増、サービス領域の拡大に伴い、メンバーを大急ぎで募集中です。 YOJOは、専門性・職種を超えて協働することで、これまでにない医療体験を創造し、患者満足を徹底的に追求するサービス開発を行っていきます。 ITの力で、顧客価値の最大化だけではなく、医療者の働き方の変革も行っていきます。 エンジニアチームだけではなく、全社で各メンバーの成長機会にコミットします。 新しいメンバーと一緒に働けることを心より楽しみにしております。 是非、一緒に患者満足度世界一の医療機関を創りましょう! YOJO Technologies Engineering Team 一同